頭皮の悩みをケア|女性育毛剤で薄毛を改善

メンズ

皮膚や毛根の移植

メンズ

自毛植毛は、体毛が多く生えている部位の皮膚を切り取って移植するという方法、または毛根をひとつずつ採取して埋め込むという方法でおこなわれています。前者は、一度に広範囲の薄毛を解消できる点が、後者は傷跡が残りにくい点がメリットです。いずれの場合も、毛根の定着後には、体毛が抜けても再生するようになります。

新しいAGA治療薬

手鏡を持つ男性

新しいAGAの治療薬であるザガーロは大阪でも手軽に活用することができます。最近は薄毛に悩んでいる人も増加してきていることから、取り扱っているクリニックが多くなってきているのです。

多毛症への懸念

鏡を見る人

局所的だから大丈夫

女性育毛剤として発毛作用を有している成分には副作用があることが知られています。以前から飲み薬として世界的に用いられてきた成分であり、女性の薄毛の原因に対して高い効果を期待できるのが特徴ではあります。女性の場合には血行が良くないために頭皮に栄養が行き届かずに髪の毛が生えなくなってしまったり、髪の毛が細くなってしまったりするのが原因として多いものです。この対策として頭皮にある毛細血管を拡張させることによって血行を改善し、栄養が十分に届くようにして発毛を促すのがこのタイプの女性育毛剤の特性です。しかし、この成分は皮膚に留まりやすい性質を持っているものの、頭皮にだけ分布するというわけではありません。飲み薬として使用されているときによく見られたのが多毛症であり、全身の毛が伸びてしまうという現象がありました。女性育毛剤として使用していても副作用として出てきてしまう可能性を全く否定することはできませんが、ほとんどリスクがないからこそ薬局ですら購入できるようになっています。飲み薬と女性育毛剤とで異なっているのは頭皮に直接使用することができるかどうかです。飲み薬は腸から吸収されていき、成分が全身を巡ってしまうので多毛症が起こりやすくなります。しかし、女性育毛剤の場合には頭皮に直接作用させるので発毛効果が発揮されるのはほとんどが頭皮になるのです。そのため、全身的な副作用は起こりにくく、安心して使用できるようになっています。

薄毛はクリニックで治す

男の人

agaとは男性型脱毛症のことで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きにより髪の毛の成長が阻害され抜け毛になってしまう症状です。そのagaの対策に福岡市ではagaクリニックが多く利用されています。クリニックが多く選ばれているのは副作用のあるプロペシアを安心して利用出来ることからです。